美味しいものが多い

良薬は口に苦し!これまでは当たり前のことと考えてきました。
しかしそれで良いのでしょうか。
子供に薬を飲ませたければ、美味しくした方が良いでしょう。
ダイエットサプリも同じです。
もちろん錠剤タイプもありますが、昨今では美味しいサプリもあります。

薬が苦いのは、理由があります

なぜ薬は苦いのか、明白な理由があります。
もちろん苦いと飲みづらいですね。
とはいえそこがポイントです。
つまり甘くて美味しいと、子供が飴と間違えて誤飲する危険があるためです。苦ければ近づきません。
なお今の時代であれば、薬の成分に影響を与えない甘味料やフレーバーがあります。
飴のようにして飲ませることもできます。
しかし苦いから効く!そうやって自分に言い聞かせるメリットもあります。
人間は思い込みが大切です。
いわゆるプラセボ、偽薬効果です。
小麦粉の固まりも、使い方次第で薬になるのです。

おやつにできるサプリ

美味しいダイエットサプリの代表は、低カロリーの清涼飲料系でしょう。
味は通常タイプと変わりません。
また置き換えダイエットの定番でもあるドリンクやスムージーもあります。
もちろんもっとダイレクトに、低カロリーやノンシュガーのクッキーやチョコもあります。
当然ですがコンニャクゼリーもおやつにできるほど美味です。
ダイエット中だけどスイーツを食べられる!
人間の飽くなき欲求にチャレンジしたダイエットサプリです。

バランス感覚を忘れずに

美味しいと幸せに感じます。
それが相乗効果を生むのも事実です。
しかしだからといって食べ過ぎてはいけません。
何事も適量が大切です。
また成分によってはお腹を下すこともあります。
さらに食べないと落ち着かない!人工甘味料は依存症になることもあります。
ダイエット中は常にバランス感覚を忘れないようにしましょう。

時代が変わっています

時代が変わっています。美味しく食べて痩せる!
怒られそうですが、ストレスをなくすこともダイエットには不可欠です。
リバウンドを避けるためにも、気持ちよく痩せましょう。
美味しいダイエットサプリは今後も増えるでしょう。